締め付けられるような頭の痛みに注意【緊張型頭痛の原因撃退】

病院

全体の約7割を占める

頭痛

肩こりや筋肉が要因

頭痛の中で最も多くの割合を占めているのが緊張型頭痛です。単純に頭痛といっても偏頭痛や群発頭痛など様々ですが、緊張型頭痛は全体の約70%を占める頭痛です。その発生要因は肩こりや筋肉の緊張から生じるものであり、後頭部から頭頂部にかけて症状が発生しやすくなっています。緊張型頭痛になりやすい要因は、現代社会において同じ姿勢でパソコンや書類作成などデスクワークをする人が増加しており、さらには日常的な運動不足によって肩こりを抱えている人が増加しているからです。まさに現代病といっても過言ではありません。最初のころはたまに生じる程度ですが、症状が悪化してくるとたびたび頭痛に襲われるようになります。そして一度頭痛になるとなかなか解消せず、集中力の低下や仕事の効率が落ちるなど周囲への影響も及ぼします。頭痛薬などで一時的に頭痛を和らげることは可能ですが、肩こりなどの筋肉が原因であるため、根本的な解決とはなりません。頭痛を根本的に解消したい場合には、肩こりの解消や硬直した筋肉の緩和など原因を解消させる必要があります。また筋肉が原因であるため、根本の解消には時間がかかります。そして再発しないように防止することも重要です。

ライフスタイルを見直す

緊張型頭痛の発生原因を知ることは症状を改善させる近道です。首や肩が凝りやすい、日ごろから日常的に運動をしていない、パソコンやデスクワークが多い仕事、長時間同じ姿勢であることが多い、目が疲れやすく充血しやすい、頭痛は締め付けられるような症状が多い、頭痛が長く続く、運動や入浴などをすると頭痛が楽になる、後頭部を指圧すると頭痛が楽になる、休養や睡眠で頭痛が解消されるといったケースに当てはまる場合、緊張型頭痛である可能性が高くなります。いずれも、肩こりに影響するもので、楽にしてあげることで解消されるケースが多いのです。したがって、肩こりを解消させることが必要なのですが、定期的にマッサージに通うなども効果的ですが、肩こりの予防を日ごろから心がけるほうが大事です。例えば、長時間デスクワークを行う際には最低限1時間に一回は軽い体操を行うですとか、日常的にウォーキングやランニングスイミングなどの運動を行うとか、一日一回は肩こりの体操を行う、入浴時にはマッサージを自分で行うなど肩こりを発生させないようなライフスタイルをとることで緊張型頭痛の発生を軽減させることができます。もちろんすでに慢性的になっている人にも効果があります。