締め付けられるような頭の痛みに注意【緊張型頭痛の原因撃退】

医療

全体の約7割を占める

頭痛

緊張型頭痛は頭痛全体の約70%を占める頭痛で、原因は肩こりなど筋肉の硬直です。締め付けられるような痛みが後頭部から頭頂部にかけて襲うのが特徴です。症状を和らげるためには日ごろから肩こりを発生させない生活習慣が大事です。

Read More...

ストレスが引き起こす頭痛

医療

緊張型頭痛は、ストレスが原因となって起こる頭痛です。身体的ストレスが原因の場合は症状が頻繁に現れることが多く、精神的ストレスが原因の場合はときどき症状が出るという違いがあります。精神的ストレスによって起こる場合は、通常の治療に心理療法も加えて行うとより効果的です。

Read More...

頭が締め付けられそうな時

頭痛

ストレスが起こす頭痛です

ふだんデスクワークなどをしていて、頭が締め付けられるような痛みを感じたことはありませんか。その頭痛は緊張型頭痛と呼ばれるもので、偏頭痛と並んで最も一般的な頭痛とされています。もし痛みが出た時は、患部を温めるようにしましょう。特に、のんびりお風呂につかってマッサージするのは効果があります。PCを使うとか、車の運転などで同じ姿勢を長時間強いられる仕事の場合は、時々ストレッチを行って、こわばった筋肉をほぐすようにしましょう。その他、就寝時に枕が合わないなどで不自然な姿勢を強いられるような場合も、緊張型頭痛が起きやすくなる原因の1つです。これは筋肉内の血の巡りが悪くなり、たまった老廃物が神経を刺激するためです。また、精神面でのストレスも、緊張型頭痛を誘発する原因の一つです。常に神経が緊張状態にあることで、本来脳にあるはずの痛みをコントロールする機能が鈍り、いつも頭痛を抱えている状態になってしまうからです。このような痛みがいつまでも続く場合は、医師の診察を受けて薬を処方してもらうのがお勧めです。この場合は痛みそのものよりも、痛みの原因であるストレスに作用する薬が処方されます。もちろん、自分で痛み止めを服用してもいいのですが、場合によっては薬物乱用頭痛といって、かえって痛みがひどくなることもあります。

偏頭痛との違いとは

その一方で、緊張型頭痛とよく比較される頭痛に偏頭痛があります。この両者は特によく起こる頭痛として有名ですが、それぞれの特徴はかなり異なります。まず緊張型頭痛の原因がストレスで、締め付けられるように痛み、温めることや動くことでいくらかよくなるのに対し、偏頭痛はむしろストレスから解放された、あるいはお酒などを多量に摂取して、血管が拡大したような時に起こります。この場合は血管が拡大するので、温めるのでなく冷やすようにします。また動くのではなく安静にするようにするのがいいでしょう。痛みそのものは締め付けるような痛みではなく、特にどちらか片方の頭がずきずき痛むのが特徴です。また、光やにおいなどの刺激で頭痛が起きることもあります。ですから頭痛がする場合は、まずどのような痛みであるか、動くと楽になるのかひどくなるのかといった点を把握しておくのが大事です。内科や心療内科などの医療機関にかかる際も、できればどのように痛むのかをはっきり伝えるようにしてください。痛み方によって処方する薬や治療方法が異なってくるため、症状は正しく伝えられるようにしておきましょう。ただし薬を処方してもらっても痛みが続く場合、特に吐き気や嘔吐がひどい場合などは、緊張型頭痛や偏頭痛とは違った別の病気であることも考えられますので、このような時は脳神経科を受診して、検査を受けるようにしましょう。

頭痛の改善法

医療

血流の悪さが原因となっている緊張型頭痛は、漢方薬での治療も有効です。実際心療内科では、緊張型頭痛の治療に漢方薬を処方することがあります。緊張型頭痛の原因は生活習慣やストレスにあることが多く、心療内科医などに早目に相談して症状を慢性化させないことが大切です。

Read More...

鈍い頭痛が続く場合には

頭痛

同じ姿勢を長く取り続けると、重い肩コリや首コリで悩まされるようになります。その肩コリや首コリが原因で引き起こされる頭痛が、緊張型頭痛です。この緊張型頭痛には、市販の頭痛薬で痛みを抑えることができるという特徴があります。

Read More...